メンタルケアカウンセラーは国家資格?

メンタルケアカウンセラーは国家資格ではありません。
しかし、メンタルケアカウンセラーの評判は非常に良いようで、受験する人の数も多い人気資格の1つです。
理由としてはメンタルケアカウンセラーが権威ある資格であると同時に誰でも受験しやすい資格なことが考えられます。
メンタルケアカウンセラーは文部科学省が管轄する生涯学習開発財団と、内閣府認証設立医療福祉情報実務能力協会から認定されており、資格として一定の効力を持っています。
数多くある資格の中には取得してもあまり意味のないものもありますがそうではなく、しっかり勉強して資格を習得すれば役立つのです。
また、通信教育で勉強することが可能なので学生だけでなく本業がある社会人の方でも取得を目指しやすくなっているのも特徴です。
業界で認められた資格を手軽に受験することができる、これは大きなメリットになるでしょう。
受験に際してはハードルの高い条件もありませんので気軽に勉強・受験ができます。

 

↓↓↓メンタルケアカウンセラーになるにはヒューマンアカデミー↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケアカウンセラーの資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケアカウンセラーになる意味

メンタルケア関連の資格は複数あり、それぞれで難易度も違います。
メンタルケアカウンセラーはその中でも比較的簡単な資格で、初心者向けと言えます。
つまり将来的にさらに難易度の高い資格の取得を目指すにしてもまずはメンタルケアカウンセラーを取得するという方が多くなるのです。
もちろんいきなり上級の資格を受験する選択肢もありますが十分な知識を付け、本当の意味で資格を活かしていくにはステップアップが重要になります。
その意味でもメンタルケアカウンセラーは多くの方に人気があり、これが評判が良くなる理由でもあります。
メンタルケアに関する仕事をしたい、知識が欲しいという方にとって最初の段階に該当するわけです。
試験の難易度も当然ですが易しくなりますので合格も狙いやすく、これから本格的に勉強をしたいという方にはまさに最適な資格です。
それでいてメンタルケアカウンセラー自体が権威のある団体に認められた資格ですから人気が出るのも納得です。