准メンタルケア心理士は国家資格?

准メンタルケア心理士は国家資格ではありません。
しかし、准メンタルケア心理士の評判はとても良く、多くの方が合格を目指す資格です。
なぜそれほどまで評判が良いのか、これは准メンタルケア心理士の資格としての位置づけが大きく関係しています。
准メンタルケア心理士の試験を受けるためにはまずメンタルケア心理士の資格を取得していなければならず、すぐに受験できるわけではありません。
その意味では少し敷居の高い資格と言えるかもしれませんがより上のステップを目指すためには欠かすことのできない資格で、メンタルケア心理士と比較しても本格的な知識を得ることができます。
さらに上の資格を目指すためにも必要になり、メンタルケア心理士が初級だとすれば准メンタルケア心理士は中級といった感じです。
当然難易度は上がりますがメンタルケア心理士を取得した方なら十分に合格が狙えますし、通信教育の活用など勉強しやすい環境が整っているのも人気の理由です。

 

↓↓↓准メンタルケア心理士になるにはヒューマンアカデミー↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

准メンタルケア心理士が誕生した理由

そもそも准メンタルケア心理士はまだできたばかりの資格で、少し前までは存在しませんでした。
メンタルケア心理士の上位の資格と言えばメンタルケア心理専門士しかなかった形で、メンタルケア心理専門士の難易度が非常に高いこともあって徐々にレベルを上げていくのが難しい状況でした。
そこで准メンタルケア心理士を作ることで2つの資格の中間に位置する資格を用意したのです。
これでメンタルケア心理士合格後はまず准メンタルケア心理士を目指すことができるようになり、試験の急激な難易度上昇を抑えられるようになりました。
メンタルケアの勉強をしている方の多くは最終的にメンタルケア心理専門士の合格を目指していますからその登竜門のような資格です。
より実践的な知識を学ぶことができ、自分の現在の知識を知るためにも有効な資格ということで現在では人気が高く、これが評判の良さに繋がっているのでしょう。
また、試験は在宅試験の形式ですのでお住まいの地域を問わず誰でも受験できるのも魅力です。