メンタルケア心理専門士は国家資格?

メンタルケア心理専門士は国家資格ではありません。
メンタルケア心理専門士はメンタルケア分野の民間資格としては最上位に位置していると言え、業界で働くことを目指すなら是非とも取得しておきたい資格です。
そのため人気が高く評判も良いと言えるでしょう。
メンタルケア心理専門士の資格を持っていればプロのメンタルカウンセラーとして活躍することも可能になりますので取得する意味は大きくなります。
ただし最上位資格ということもあってその難易度は非常に高く、簡単に合格できるものではありません。
十分な知識が求められ、これまでの努力が試される資格です。
メンタルケア心理専門士を受験する方は最低限メンタルケア心理士の資格を持っているわけですが、まず准メンタルケア心理士の資格を取得し、その後にメンタルケア心理専門士を受験する選択肢もあります。

 

↓↓↓メンタルケア心理専門士になるにはヒューマンアカデミー↓↓↓

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理専門士の資料が手に入る↑↑↑

 

メンタルケア心理専門士になるには

メンタルケア心理士は資格試験が在宅受験の形式でしたがメンタルケア心理専門士となると試験会場で他の受験者達と一斉に試験を受けることになります。
このことからも上位試験を感じさせますが学科試験をはじめレポートの作成、実技形式によるカウセリング試験などがあり、これらすべてに合格して初めてメンタルケア心理専門士になれます。
合格率は2割ほどと言われており、難易度の高さがよくわかります。
実際に試験を受けた人もやはり難しかったと感じているようですが、カウンセラーとしての活躍の場を広げるなら必須とも言える資格ですからなんとか合格したい資格です。
どうせ難易度が高くなるなら国家資格の臨床心理士試験を受けるという考え方もあるかもしれませんが臨床心理士は試験を受けるための条件が厳しく、指定された教育機関を修了しなければならないなど誰でも受けられるものではありません。
一方でメンタルケア心理専門士はメンタルケア心理士の資格があれば受けられるのでこの点も評判の良さに繋がっていると思われます。
特に現在お仕事をしているという方にとってはありがたい資格で、だからこそ人気も高いのでしょう。