メンタルケア心理士は国家資格ではないが人気の理由とは?

メンタルケア心理士は国家資格ではないものの多くの方が受験する人気の資格です。
その理由はいくつか考えられますがたとえば受験しやすいこと、勉強しやすいこと、民間資格でありながら権威ある資格であることなどが挙げられます。
つまり誰でも気軽に勉強を始めることができ、そして資格取得を目指しやすいのです。
かといって取得しても役に立たない資格ということはなく、業界でも知名度の高い団体が主催、認定をしているため価値があります。
唯一の国家資格である臨床心理士はそもそも資格を取得するための条件を満たすことが非常に難しく、専門的な勉強を何年もしたうえでさらに経験も求められる部分がありますからまずはメンタルケア心理士を目指すという方が多くなります。

 

↓↓↓メンタルケア心理士になるにはヒューマンアカデミー↓↓↓

メンタルケア心理士講座

メンタルケア心理士講座教材

メンタルケア心理士講座(カウンセリング実技実践付)はメンタルケア心理士講座とカウンセリング実技実践プログラムのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアWライセンス講座

メンタルケアWライセンス講座教材

メンタルケアWライセンス講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座を追加したセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケア心理士総合講座

メンタルケア心理士総合講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケア心理専門士講座を追加したのセット講座です。

≫詳細ページ

メンタルケアトリプル講座

メンタルケアトリプル講座教材

メンタルケア心理士総合講座はメンタルケア心理士講座にメンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理専門士講座を追加した講座です。

≫詳細ページ

↑↑↑無料でメンタルケア心理士の資料が手に入る↑↑↑

 

人気の秘密は?

メンタルケア心理士はその手軽さから人気を集めているわけですが、まず受験のための条件が臨床心理士ほど厳しくない点が特徴です。
受験資格はいくつかありますがそのうちのいずれかに該当していればよく、メンタルケア学術学会指定教育機関でメンタルケア心理士の講座を受講修了していれば受けることができます。
講座は通信教育でも受講できるため自宅にいながら資格の勉強ができる仕組みです。
お仕事をしながらでも勉強しやすく、さらに受講を修了すれば受験できるため合否はともかくとして誰でも受験できる資格です。
特別な知識や経験を求められることもありませんから思い立ったらすぐにチャレンジすることが可能で、門戸の広い資格のため人気があるのです。
さらに試験の認定はメンタルケア学術学会・一般財団法人生涯学習開発財団が行っており、公的学会認定資格の1つですから資格取得による影響力も大きくなります。
手軽に受けられるメリットがありつつ資格としても一定の力を持っていることが人気の最大の理由と言えるでしょうか。
厚生労働省に認められた資格の1つということもあり、メンタルケア分野においては非常に有名な資格となっています。